ゆるっと食活・妊活日記

88’専業主婦/看護師パート(精神科): 食べるの大好き🎶 しかし学生時代のダイエットを機に不妊体質に(*_*) 栄養を勉強しながら日々の食事作りや外食を楽しんだ記録を残して参ります。

お弁当記録と加工肉に関する考察(2022.9.30.FRI)

〈お献立〉
ピリ辛ナポリタンスパゲッティ
◇ジャンボフランク
◇ゆで卵
◇きゅうり・トマト

製作時間:約20分

*・*・*・*・*

〈こだわりメモ〉
*レシピ
*フードロス削減
*栄養バランス

ジャンボフランクはいつかの週末に東武池袋の地下スーパーにてお惣菜3P1000円SALEにて購入し、
食べきれなかった分を冷凍ストックしておいてお弁当に活用しました。
意識したわけではないのですが、たまたまハート型みたいな盛り付けになりました。

ピリ辛ナポリタンは、辛党の夫氏向けにアレンジしたものです。
生活クラブさんで購入している“色々使えるトマトソース“が、ピリ辛&アンチョビがきいていて
簡単に味が決まるので重宝しています。


〈食生活に関する考察〉
加工肉の発癌性について言及している情報が多数見受けられるため、
ウインナー・ハム・ソーセージなどは極力多用しないように努めています。
でも、これらはお弁当の定番メニューですよね。
お祭りや野球場でも必ずと言っていいほど売られていますし。
小さい子にも大人にも皆に愛される加工肉商品。

国立がん研究センターによる最近のデータによると、(https://ganjoho.jp を参考にさせていただいております)
加工肉により罹患可能性が高まると言われる大腸癌については、
男女ともに罹患総数は2位、死亡数は男性3位、女性1位と多いです。
年間に男女ともに30,000人弱の方々が亡くなっているとのことです。
しかし年齢別に見てみると、60歳を過ぎたあたりから急激に死亡率が高まっていることもわかりました。

ここからは個人的な考察ですが、現在の高齢化社会は戦争を生き抜いた方々が長寿を全うされており、
食料や衛生事情が困難な時代でも逞しく生きる基礎体力を備えた方々であると考えます。
そのような方々が高齢を迎え、自然に体力や免疫力が低下してきて癌に抗えきれなくなった結果
死亡率が高まっているのではないかとも考えます。
また戦後の様々な発展により、食品もより安全に安心して食せるような技術が得られたことや
医学・薬学の発達による治療技術・効果の向上により長寿の実現や若年層の癌死亡率低値に貢献されていることも考えられます。

今の若年層は科学技術の発達により高齢者が若年層だった時代と比べて運動の機会が減っていると考えられ、戦争を生き抜くだけの基礎体力を兼ね備えているかは疑問の余地があります。
しかし、上述の通り医療・薬学・栄養学・食品に関する研究等の発展・向上により身体がより長く健康でいられる可能性は右肩上がりになるのかなと考えられます。

以上のことから、確かに加工肉摂取による健康面への影響は懸念されつつも、死亡に至るような重大な影響は回避できる余地もあるのではないかと考えられました。
健康を害することでのQOL低下も恐れるところではありますが、美味しいものを徹底的に我慢することによるQOL低下についても今一度考えてしまう今日この頃です。

*・*・*・*・*

〈こだわりメモ〉〈食生活に関する考察〉は、あくまで個人的な見解・備忘録です。

☺︎Forest🍱

にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村