ゆるっと食活・妊活日記

88’専業主婦/看護師パート(精神科): 食べるの大好き🎶 しかし学生時代のダイエットを機に不妊体質に(*_*) 栄養を勉強しながら日々の食事作りや外食を楽しんだ記録を残して参ります。

妊活おうち夜ごはん(2022.10.某日)


〈お献立〉
◇鮭のちゃんちゃん蒸し
◇さつまいもとゆで卵のサラダ
◇蓮根・小松菜・玉ねぎ・人参のお味噌汁
◇ビタバアレー入りごはん

*・*・*・*・*

〈こだわりメモ〉
*レシピ
*フードロス削減

今日のメインは身体の酸化防止に力を入れたお献立です。
アスタキサンチンを含む鮭を、AGEs発生が少ない“蒸し“で調理しました。
ちゃんちゃん蒸しのタレは、さまざまなレシピサイトを参考に適当にアレンジしましたが、
使った調理料はお味噌・みりん・お酒とシンプルにしました。

お味噌汁の具材は、冷蔵庫にあったものをフル活用しました!

〈妊活ごはんメモ〉
1. 血糖値の急上昇を防ぐ
*食べる順番に配慮する:お味噌汁(食物繊維)や鮭(タンパク質)→ごはん(炭水化物)の順番で摂ることを心がける。

*炭水化物の内容に配慮する:低GI値の主食→ビタバアレー入りごはん

*甘味の内容に配慮する:ちゃんちゃん蒸しにはみりんを使用

GI値の上昇を抑える成分を知り、積極的に取り入れる:さつまいもサラダにはマヨネーズの代わりにヨーグルト(ホエイタンパク)を使用。


2. 酸化ストレスを抑える
1)抗酸化作用を持つ食材を取り入れる。
 *ビタミンA・C・E:ブロッコリー・人参・小松菜・ビタミンE強化卵・さつまいも
 *アスタキサンチン:鮭

2) 抗炎症作用・生殖機能向上に良いというビタミンDを摂る
 *舞茸

3) AGEs(終末糖化産物、いわゆる老化のもと)を増やさない調理法を選ぶ。
 *鮭ちゃんちゃんは“焼く“でなく“完全蒸し“調理

3. 身体を作る
1) タンパク質をきちんと摂る:大きめ・厚切りの鮭を使用

2) 鉄分・カルシウム・葉酸を含む食材を積極的に取り入れる:小松菜

*・*・*・*・*

最後までご覧くださり誠にありがとうございます。
〈こだわりメモ〉〈妊活ごはんメモ〉はあくまで個人的な見解・備忘録です。

☺︎Forest

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村


料理ランキング