ゆるっと食活・妊活日記

88’専業主婦/看護師パート(精神科): 食べるの大好き🎶 しかし学生時代のダイエットを機に不妊体質に(*_*) 栄養を勉強しながら日々の食事作りや外食を楽しんだ記録を残して参ります。

おうちランチ(2022.8.31.WED)

f:id:mylife_forest:20220831154145j:image
f:id:mylife_forest:20220831154150j:image

 

〈お献立〉
◇鶏胸肉のピリ辛トマトケチャップグリル
◇納豆(1/2パック)
ハニーマスタードローストポテト
◇彩りお野菜
◇ビタファレー入りごはん

 

*・*・*・*・*

 

〈こだわりメモ〉
#節約ごはん
#レシピ
#盛り付け
#栄養バランス


今日の夫弁当(前投稿)と殆ど同じメニューです。

主婦の1人おうちランチは ワンプレートごはん にして洗い物楽ちん👍を重視します。笑
盛り付けはシンプルな Ginori の白プレートに、
サラダ→左上、主食→左下、主菜→右下、副菜→左上
と、マナーを意識して盛り付けてみました。


〈薬膳・栄養メモ〉
鶏胸肉は低脂質・高タンパクでカロリーも高くないので、タンパク質を効率良く摂取できて重宝します。

鶏むね肉にはイミダゾールジペプチドという物質が多く含まれているそうで、筋肉を守り疲労の軽減に働きかける作用があるそう。加熱に強く、焼きものをしても効果が維持されるとのことで嬉しいポイントです😆
(kurashiru さんのサイトより一部引用しております)

焼き料理はどうしてもAGEs(終末糖化産物、いわゆる老化のもと)が発生しがちなので、
それに抗える作用を持つビタミンACEを摂りたいところ。
今日は彩りお野菜やポテトで補います。

ごはんにはビタファレーを足して炊くことで炭水化物のみならず食物繊維がプラスされて、腸活効果や血糖値安定作用を期待します。
ごはんは熱々でなくしばらく冷まして、でんぷんをレジスタントスターチという難消化性物質に変化させ、食物繊維様の作用を持たせることで、上記効果がさらに促進されることを期待します。

 

*・*・*・*・*

 

最後までご覧下さりありがとうございます。
(こだわりメモ〉〈薬膳・栄養メモ〉は、あくまで個人的な見解・備忘録です。

 

☺︎Forest